1. TOP
  2. ふるさと納税
  3. 令和元年!再スタートの「ふるさと納税」変わったところを徹底解説!

令和元年!再スタートの「ふるさと納税」変わったところを徹底解説!

こんにちは。

ふるさと納税プランナーのふるさとメモ、略して「ふるメモ」編集長の森口恵美です。

さて、新しい元号の「令和」の時代が始まりました!

それと共に、「ふるさと納税」も総務省の法令が変わり、新しい時代がやって来ました!

今回は新しいお達しとともにどんなところが変わったのか、

徹底的に検証してみたいと思います!

2019年残りの6ヶ月、ふるさと納税大好きなあなたがぜひ、

ふるさと納税と上手に付き合っていける、そんなお手伝いをしたいと思っています!

返礼率は3割まで!?今までとの違い!!

さて、テレビや雑誌などでもよく取り上げられていた、

ふるさと納税の魅力と言ってもよい、各自治体の「返礼品」!

ふるさと納税をすると、寄附をした自治体から野菜やお米、お肉などの

「お礼の品」がもらえるのですが、その「返礼率」が3割までと決められました!

そしてそれは、地場産のものでなければいけない、という事も決められました。

自治体によっては、寄付金を集めるために返礼率を5割以上と上げているところがあったり、

旅行券やギフト券の「金券」でお返ししていたり・・・という事がありました。

あるいは、「高額家電」を返礼品として扱っているところも。

これは決して悪いことではありません。

なぜなら、自治体では家電製品を多く生産している地域もあるからなんです。

ですので、今では自治体の特色を出したお礼の品を、各自治体で打ち出しています。

もちろん、「エアウェーブ」といった布団や枕を出している自治体もありますし、

パソコンなどの家電製品をお礼の品として打ち出している自治体もあります。

アンケートをとると、自治体も少しずつ以降して3割の返礼品については

「現状問題ない」と答えたところが60%以上なんだとか。

期待されているのは、これから自治体独自のサービスを

「お礼の品」として打ち出してくる、というところ。

例えば、新潟県佐渡市では中々お墓参りにいけない人や高齢の方のために、

「お墓のお掃除代行サービス」で掃除をして、お線香とお花を添えてくれるサービスなど

その土地で必要とされる「お礼の品」も出てきています!

また、ふるさと納税で「クラウドファンディング」も注目されています!

今注目されているのは、北海道白糠町の”土俵プロジェクト!”

貴乃花氏がゲストとして招かれ、子ども達に「体験・経験」を通して

相撲の面白さを知ってもらおう!というイベントです。

土俵で相撲を体験できる他、ちゃんこ鍋を振舞ってもらえるという、

子ども達のためのイベント。

なんと今、964,000円集まっています!

あと183日(約6ヶ月!)これは目標金額の3%と、まだまだ足りていません!

・・・こんな風に、「ふるさと納税」の価値が見直され、お礼の品はじめ

もっと地域の活性化に使われるための「ふるさと納税」が始まったと私は感じています!

新しい「令和元年」、ふるさと納税も新しい、その土地その土地の打ち出し方が楽しみですね!

2019年6月より控除除外とされている地域はこちら!

2019年6月より、新たに「控除除外」されている自治体が出てきました。

つまりもしこの地域に2019年6月以降「ふるさと納税」を行ったとしても、

所得税・住民税の控除の対象には入りませんので、ご注意くださいね!

さて、残念ながら控除の対象に入らなくなってしまった自治体はこちらです!

1. 大阪府泉佐野市

2. 静岡県小山町

3.  和歌山県高野町

4.  佐賀県みやき町

5. 東京都

・・・東京都を除いて、この4つは返礼率がとても高かった人気の自治体です!

これらの自治体に寄附できないのは、本当に寂しい・・・(涙)

なんと、令和2年(2029年)9月末まで寄附を受け付けられません(涙)

 

もし2019年5月末までに上記地域へ寄附されている!という人は

控除の対象になりますのでご安心くださいね。

そして、上の自治体ほどではないですが、たくさんの還元をした、として

なんと43自治体が6月~9月の「指定期間」を与えられた市町村がなんと

43市町村もあります!

この43市町村については7月1日から再申請の必要があり、

こちらをパス出来るかどうかにかかっています。

今のところ、「さとふる」や「ふるなび」に掲載されている

自治体は、控除の対象となる自治体ですので、

これからふるさと納税を考えている、というあなたは

「さとふる」や「ふるなび」からふるさと納税されることを

おすすめします。

慌てて年末に「ふるさと納税し忘れている~!」なんてならないように

私のLINE@からオススメを定期的に配信しますので

こちらの登録もお願いします!

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ふるさと納税プランナーのふるさとメモの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ふるさと納税プランナーのふるさとメモの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
【無料プレゼント】受付中 ふるさと納税で目指せ “ 0円食費 ” お得な ふるさと納税生活
今年もふるさと納税で「もっとお得に~」、「迷ってどこに寄付したらよいか分からない~」という方は、ぜひ、下のボタンからLINEでお友達登録してみてください!

「ふるさと納税」の最新情報をお届けしています!!

 


🎁無料プレゼント 受付中
ふるさと納税で目指せ “ 0円食費 ” お得な ふるさと納税生活


LINEから最新のふるさと納税の情報や節約ノウハウをお届けしています。
詳しく学びたい方は下記よりご登録下さい。

ご登録いただけた方には、プレゼントもご用意しています。

🎁プレゼントの内容
プレゼントの内容
・失敗しない!ふるさと納税活用術
・返礼率を更に4%向上させる方法
・自己負担の2,000円をゼロ円にする方法


などなど、最新情報もお届けしています。





プレゼント受け取りはこちらから

ライター紹介 ライター一覧

ふるメモ編集長

ふるメモ編集長

こんにちは。
「ふるさと納税プランナーのふるさとメモ」

略して、「ふるメモ」の編集長、
兼取締役の森口 恵美です。

普段は、株式会社ウィズダムライフにおいて、
ファイナンシャルプランナー(FP)資格を保有し

教育費の作り方から資産運用のご相談
保険の見直しなどのアドバイスをする仕事をしています。

また、家庭では4歳の娘の母として、子育てにも奮闘しています。


簡単にすぐできる「楽しく節税」をテーマに、

ふるさと納税を始めて9年を超えてきました!

記憶に残る素晴らしい特産品、お礼の品との出会いもたくさんありました。


一人でも多くの方にこの素晴らしい制度を知ってもらいたい!
素晴らしい地域の特産品をもっと多くの方に広めたい!

そして、
地方や地域がどんどん元気になってほしい!

応援したい!


そんな思いで、このブログを始めました。

自身の経験や知識を元に、
「知ってよかった」という情報をお届けするのがミッションです!

LINEでも最新情報をお届けしています。

LINE ID→ @rql0756f (@マークをお忘れなく)

皆さんの生活の
「ちょっとした節約メモ」に使ってもらると嬉しいです。

お付き合いよろしくお願いいたします。

                  森口恵美

この人が書いた記事  記事一覧

  • ニコニコエール【ふるさと納税】期間限定増量中!コロナの影響を受ける生産者さん支援を!

  • 《期間限定》半額以下の超お得に返礼品も貰えるって本当?コロナ支援緊急速報!ふるさと納税で生産者さん支援!

  • カレー・シチューのふるさと納税はポイントサイトとキャンペーンを利用して還元率を上げて申込み!非常食としても大活躍!2020年最新

  • 3と8のつく日は5,000名にamazonギフト券が当たるキャンペーン!?さらにふるさと納税をお得にする方法とは

関連記事

  • ふるさと納税で簡単パパッとおつまみも準備!鳥取県米子市

  • 2019年12月クリスマス人気のケーキ予約はいつまで?即納可のお得な入手方法とは?

  • 「ふるさと納税」をするメリットとは?限度額はいくらまで?

  • 【2020年最新版】ふるさと納税お礼の品”私が気に入った”ランキング TOP5!米や牛肉にこだわっています!

  • 2019年最新版!間違いなく美味しいカニを激安で食べるならここ!おすすめランキング!

  • 年末にも使える!佐賀県小城市のふるさと納税は高額の返礼品がすごい!